旧福田家

※画像をクリックすると拡大します

旧福田家は、かつての長崎街道に面する他の4館とは異なり、佐賀市水ヶ江を東西に走る「通り小路」沿いに位置します。明治初期に福田又蔵が土地を獲得、土蔵を新築した後、又蔵の息子で佐賀を代表する実業家・福田慶四郎が1918(大正7)年に母屋を建て、ここに暮らしました。

 

1926(大正15)年に茶室への廊下が増築された他は、大きな改装は行われず、また住居として使用されていた期間が比較的短かったことから、近代和風建築の姿が大変良い状態で残っているのが特徴です。ステンドグラス窓の洋風応接間や数奇屋造の茶室、各部屋から見渡せる大小の庭も併せてお楽しみください。


慶四郎の没後も佐賀県議会議員会館として活用されるなど、佐賀の移ろいを見守ってきた旧福田家は、1998(平成10)年に佐賀市の重要文化財に指定され、2年後に歴史民俗館として開館し、新たな歴史を刻んでいます。現在は佐賀錦振興協議会の活動拠点として、手織り佐賀錦の実演や教室指導が行われるなど、大変にぎやかな一館です。

 

※佐賀錦についての詳細は こちら をご覧ください