旧牛島家

※画像をクリックすると拡大します

旧牛島家は、18世紀前期に建てられたと推測される、佐賀城下で最古の町屋建築です。

本来は旧下今宿町(現在の佐賀市朝日町)にあった建物で、19世紀半ばの資料には、足軽の高楊伊助が居住し問屋業を営んでいたとあります。また1890(明治23)年の文献では、伊助の店が「煙草仲買商海陸運漕店」と紹介されており、旧牛島家が住宅・店舗・倉庫と多目的に利用されていたことがうかがえます。

 

第二次世界大戦以降は牛島氏の所有となっていた旧牛島家ですが、1993(平成5)年の県道拡幅工事に伴い、惜しまれつつ解体されました。現存の建物は、その時の部材を組み直し、明治時代末期の姿に復元したもので、1995(平成7)年に佐賀市重要文化財の指定を受けています。

南北に伸びた土間や力強い梁、母屋の南側に建つ土蔵など、およそ300年昔の情景をごゆっくりお楽しみください。