旧古賀銀行

※画像をクリックすると拡大します

旧古賀銀行は、両替商・古賀善平が1885(明治18)年に設立した銀行です。当初の社屋は、現在も旧中村家として大切に保存されています。現存する建物は1906(明治39)年に新築され、1916(大正5)年に西側へ大きく増築されたものです。漆喰の外壁が煉瓦のタイル張りに変更されたのも、この時だと言われています。

 

1913(大正2)年には九州の五大銀行に数えられるまでに隆盛した古賀銀行ですが、1920(大正9)年以降の慢性的な不況によって業績が悪化し、1926(大正15)年には休業を余議なくされ、その後1933(昭和8)年に解散しています。

 

解散の翌年から1954(昭和29)年までは佐賀商工会議所、1986(昭和61)年までは佐賀県労働会館、さらに1992(平成4)年までは自治労佐賀県本部として利用され、同年7月佐賀市の所有となりました。その2年後に始まった整備工事では、昭和期の改築部分が取り払われ大正全盛期の外観・内装の復元が図られました。佐賀市重要文化財に指定されたのは、1995(平成7)年のことです。

 

館内には、通帳や行員の写真といった銀行関連資料の他、山口亮一画伯の絵画や有田焼、肥前びーどろも展示しています。1階の床の一部やマントルピースは明治期のものがそのまま残っており、西洋の建築や文化が地方へ浸透してゆく過程を知る上でも貴重な建物と言えます。