旧古賀家

※画像をクリックすると拡大します

旧古賀家は、古賀銀行を創設し頭取を務めた古賀善平の住宅として1884(明治17)年に建てられました。その後も善兵衛、善一郎(二代目善兵衛)が居住しましたが、銀行の解散後は古賀氏の手を離れ、1954(昭和29)年からは料亭として使われていました。

1991(平成3)年に佐賀市の所有となり、料亭時代に増改築された部分が建設当初のものに復元され、4年後の1995(平成7)年に佐賀市重要文化財の指定を受けています。

 

街道沿いの町屋に多い切妻造ではなく、入母屋造の屋根を備えた旧古賀家は、武家屋敷の様式を踏襲しているとも言われます。邸内には15の和室があり、とりわけ50畳の大広間は圧巻です。欄間や襖、板戸といった内装にもぜひご注目ください。

 

かの大隈重信侯も、佐賀に帰郷した折はしばしば古賀家に滞在したと伝わっており、館内にはその時に撮影された写真も展示しています。