旧三省銀行

※画像をクリックすると拡大します

旧三省銀行は、銀行類似業務を担う三省社の店舗として1882(明治15)年に建てられたものです。三省社は1885(明治18)年に正式な銀行となり、名を三省銀行と改めますが、順調に見えた経営は次第に傾き、1893(明治26)年には廃業に追いこまれました。以降は長らく医院や個人の住宅として利用されています。

1998(平成10)年に建物が佐賀市に譲渡され、土地は佐賀市が買い上げる形で市の所有となった旧三省銀行は、翌年5月に佐賀市の重要文化財に指定されました。

 

外観の特徴としては、むくりのある切妻屋根と銅板の窓、漆喰の壁などが挙げられます。館内中央の吹き抜けや、2階天井に付けられたシャンデリア用の漆喰飾が一般的な住宅とは一線を画しており、伝統的な町屋建築の形式を採り入れる一方で、銀行業務に適した空間設計を心がけた興味深い建物です。